スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.04.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マルコ

20110402224453.jpg
季節感のない写真…(x_x;)

元気に遊んでます


伝えたいことがあるんだ

 超放置してた・・・ことに今日気が付いたので、今日からブログ復活します。
あれやこれや生活をしていたら、日本がとんでもないことになって、あたしのとっても些末な仕事もその影響でとんでもなくなって1か月強。

忙しいねー疲れたねーが職場で口癖になりーの、いうたんびに帰ってテレビで報道を見て、あたしなんかが疲れたなんて口にして・・・とうなだれてーの仕事いきーの、の繰り返しだったんだけど、

ぼちぼち燃えつきそうだな・・・と思っていたら、おんなじタイミングで仕事が落ち着いてきた。

これは切り換えろということなんだなーと、日常に戻る努力をしなさいということだなと思ったので、仕事にしても日常にしても、キュッと狭くなってた視界を広げたいなあー

そう思った次第。

なので思いついたとこから、ブログもやってみるかな、な感じです。


久しぶりに本屋へ行ってみたら、あらあら沢山出てたのねーって嬉しかったので、漫画の感想からいってみます。


「ヴィンランド・サガ」の10巻
とっても好きなマンガ家さんの最新刊にほっくっほくです…
特に今回は、前巻からの新しいお話の流れにピカーッと光明が…?大きな山が?来ている感じがして、ドキドキした!懐かしい顔ぶれも見れたし。
海賊…といえば麦わら軍団な昨今ですが、元祖ヴァイキングの漫画もアツいんだぜ…。

復讐にしか目的を見つけられなかった主人公が大きく変わっていく巻でした。
そもそも、描写はえぐいし話も暗い…(これから好き好きモードですから…)んだけど、この作家さんの題材の選び方って本当に面白いし、「これこれについて伝えたいんだ」みたいな部分がすごくわかるので、読んでてすがすがしい気持ちになります。
そんで、セリフがいちいちかっこいいの。
「カラッポならなんでも入るじゃろう。生まれ変わるんならその方がええ」
じいちゃんの渋い援護がまた泣けまする。

主人公の2人の男の子たちが、お互いの本分をそれぞれ決めきったので、バラバラになった彼らがこれからどんなふうに再開するのか、本当に楽しみです。
こんなお話をさらっと読めちゃう漫画があるなんて、日本って凄いぜ。


いきのびた

とりあえず初任給まで生還しました矢印上

ほんとにとりあえず…


なぜなら車検でお給料の大半を持っていかれたからだDocomo_kao20
家賃払ったら、もう今月は貯金の余地ないぜー


給料明細の金額はちょう目減りしておりますが、わりと楽しく過ごしていますよ


再来月くらいには余裕が出てくるかな…
そしたらまた新しいことをしよっと。


さてさて、
余裕なっしんぐとかいいつつも切り詰められないのが、書籍代です(笑)
もう今月に入って既に5…いやいやいやいや涙



食費切り詰めて買った一冊。いい買い物だった★
えすとえむさんの『このたびは…』
日本の冠婚葬祭をテーマにしたお話です。
タイトルどんぴしゃで素敵!

BL漫画でとっても秀逸な作品をたくさん発表されていた人だったと思うんだけど、
新しいレーベルでもしっとり良い話がそろっています。ぼろぼろ涙が出るというよりは、
口の端に「くくっ」と力が入るような?
人生の節目節目の儀式ってうれしいことも悲しいことも悲喜交々で、
ドラマよなぁ…と思いながら読みました。

あたしは最初の結婚式のお話と、その次の遠恋お祭り話と、最後のお葬式のお話がすきです。
好きな人に持って回って見せたい漫画が一こ増えた。

よいことだ。うん。


町でうわさの天狗の子

も・・・萌え死ぬかと思った……








クラス替えとか、バレンタインとか、修学旅行とかよう…


どんだけ懐古主義。べたすぎるし!!!!


でもそこが、最高です。
すごい破壊力


読んでみないとわからないと思う!
読んで!!!


ついったはじめてます

おそらくちょうリアルなお友達しか見てないブログ(のはず?)なので今更感むんむんですが、世間の流行にのってツイッターを始めてます。

日々のどーでもいいことはこっちにバリバリ書きます!↓
http://twtr.jp/home?guid=ON

よろしくなり〜


ひねもすのたりたりたり

20100821220902.jpg
共ちゃん作のアップルパイ。
んまかったです!

いよいよ引っ越しまで後3日…大量の本は置いてく決心をしたので、それ程荷物はおおくならない…はず。

食器はママン秘蔵の(放置の)コレクションをかすめ取ってゆくので、かなり渋い。最高。

来週と10月には待望のアレも届くし…ウフヽ(´ー`)ノ

大急ぎで家電を揃えて、家具はじっくり厳選する予定。(金もないしなぁ)

とりあえず、初任給まで生き延びるぞ!


フェスと満身創痍の夏

 もう八月も半ば。

早いです。

今年の夏は無職だったから、もう〜そりゃもう遊び狂おうと思って、
あらん限りの財産と体力でやりつくしました(笑)

大きな音楽の祭りに参加して、庄原やら大阪やらまで車で行ってみたり、
ウォーキングを始めてみたり、
始めたとたんに雨の日すっころんで腰強打して立てなくなったりとか、
毎日飲んで飲んで飲んで、最終的に広島でまたこけて足くじいたとか←現在。

その合間に就活して就職決まったりとかね。

隙間の時間はずっと寝て本読んで、体重と体脂肪が激増したりもしましたよー
激減の予定はもちろんありません。
が、見苦しいものはちょっとずつなんとかしないとね。


せっかく見てきたフェスなので、感想を列挙していきます。
mixiも見てくれてるお友達は重複があるかも!長くてごめんね!


☆7/31〜8/1 setstock'10
邦楽フェスのなかでもかなり充実している方ではない?
(そりゃあEZOやらフジの邦人グループの充実ぶりにはかなわない感じだけど)
今年は相当〜楽しかった!
個人的に一押しステージはyanokami。





1日目:
矢野顕子さんにぞっこんになった。
なによあのひと。MCも歌うときもちょうかわいいのよ。
レイハラカミの音作りもすんごいツボ。ワンマンでぜひともみたい。

あと、ユニコーンとスカパラもかっこよかったなあ。
BACKHORNもゴリゴリでたくさん聴けて良かった。

2日目:
THE BAWDIES たのしかったぁぁぁ!!!
知らない曲がほとんどないっていいですねえ。英語でも歌詩覚えてなくてもノリでいける!
毎度いとしのCoccoも素敵でした。あんな近くで見たの初めてじゃないかしら。
いい声が響き渡ってた。次のツアー楽しみ。

☆8/8 summersonic2010

充実しすぎで目が回りそうだった・・・(笑)
消費した水分およそ4.5リットル。ほぼ汗になりましたさ。

見た順で↓(相棒の日記参照させていただきましたありがとう!!!)

FACT :日本のバンド。わっかい!

3 OH! 3 :聴いてみたかったその 勢いがあってファンサービスが意外に上品だった!

ALL TIME LOW :相棒お勧めで最前列!ノリノリで聴けた

TWO DOOR CINEMA CLUB :テクノでキャッチー好きな感じだった。要チェック

DELPHIC :こっちもテクノ多め?最近気づいたけどあたしはピコピコ重低音が大好物かもしれない

PASSION PIT :音が良かった!(と思う)ヴォーカルの外見と声のギャップも良し。要チェック

NAS:本場の人のラップってこんな勢いがあって凄いもんなのかと思った。英語の意味がわかれば
もっと響くだろうに

NICKELBACK :超聞いてみたかったその
最前列ですよ!もう最高!チャドイケメン過ぎてクラクラしたーMCもお茶目っぽかったー(ニュアンス聞き取り)あの声のかっこよさは、ほんとに神様からのギフトだよね。

THE OFFSPRING :聞いてみたかったその
生オフスプを最前列で!め、めまいが・・・(体力的にも)しかし楽しすぎ。人気も凄すぎ。

PENDULUM :今回の要チェックNo.1。
CD音源と全然印象違うじゃん!めっちゃパンクっぽかった。しかも踊れる。1階席は本当に全面爆発みたいな激しさで、見下ろしててまあ楽しいのなんの。2階席で涼んでる場合じゃなかった・・・後悔。しかし体力が(エンドレス)
ワンマンで来てほしい!

THE SMASHING PUMPKINS:聞いてみたかったその
かぁっっこよかった・・・
歯ギターを人生で初めて見た。MCは結構おちゃらけなのか照れなのか、人を煙に巻くような印象(にゅあんすですから)だったけど、演奏は混ざりものなしって感じでとても集中して曲を聴けたなあとおもう。
あとベースのお姉さんがかわいかった・・・しかもうまい(・・・んじゃないだろうか)。


さらに歩きながら見てしまったけど、御大矢沢永吉さまのみなぎるステージも圧巻。
還暦すぎて、真夏の炎天下一番暑い時間に、スーツ着て歌えるとか・・・
もう彼自身がロックなんですね、きっと。それか人知をこえる何かですよ。
わかりきったこというなって?



1日で洋楽にちょっと詳しくなれた気がする。(気の迷いです)
ともあれ、勢いがありますよ!洋楽フェスは!!!
また行こう!
いつかはEZOとフジにも!


おひっこし。

9月1日の入社に合わせて部屋を決めた。

職場から近くて駅から近くて、ネコもOKな物件で、ほぼ一発大当たりな感じでした。
難があるとしたら、ベランダからの眺めと駐車場の狭さかなぁ。
マルマルが即座に飛び降りていきそうな、ご近所さんとの屋根の近さ(笑)窓を開けるときは、首輪着用かな汗

早ければ来週末から引っ越し準備です。
月末までは岩国とあっちを行ったり来たりかな?


気になる曲

今度お店でチェックする用メモメモ。

トクマルシューゴ/Green Rain

名前はずっと知っていたのに、ずっとちゃんと聞いてこなかった。
もったいないことしてた・・・!
こんな曲作れる人がいるって素敵。なぜヒットチャートに出てこない・・・
キラキラコロコロずっと聞きたい。


手嶌葵/恋するしっぽ
あー、目がじんじんする
ネコソングです。はい。ぜひ歌詞を読んでほしいな。
『しっぽの気持ち』は萌え萌えだけど、こっちはキュンキュンです。(意味不明)
ニコ動でもようつべでも動画があるんで、お気に入りのぬこと一緒に見てぬっこぬこになってしまえばいいんじゃないかな(笑)
『テルーの歌』でしかいまいち知名度があがらなかったけど、濫立しまくってる歌姫の中でも彼女はほんとに本物だとあたしは思う!なぜヒットチャートに(ry
映画曲のカバーとか、やばいですよ。もう。


手嶌葵/Moon River
とかね!



なんかまだあった気がするんだけど、思い出せない
もどってきたらまた。



↑本日(?)のしかばね


ししるいるい


和室すっき〜


夏が来ても超マイペースなマルマルですが、
こないだ勢い余って一部友人には写メを送ってしまったとおり、
↑みたいに身体を起こしている時間は一日の10分の1くらいしかないのが実情です


じゃ普段はどうかっつうと・・・









ベッドはあたしのニャよ

ベッドどころか空き部屋丸々いっこ私有しているおひいさん。
これがいちばんオーソドックスな姿勢。。。


で、


上も向いてないとやってられニャいのね


女子なのにもかかわらず、仰向けで全脚90°以上オープンしていることもままあるわけで。。。
で、そのまま爆睡して死体になっているありさまを目の当たりにするのも、
なんか最近では日常になってきました(^^;)
今回の写真は一応公共の場にUPなんで、下半身は隠れているやつで(笑)

リビングの写真はねー、公開できないのが多いんですよ。
なんせマルマルが父に一番じゃれつくもので、マルマルを写真に撮っちゃうと、パパンのインナーになってないインナーまで自然に写り込んじゃうんですよねー。
それこそマルマルの下半身どころの話じゃねぇし


まあそんなこんなであちこちで屍になってる姫ですが、最近気がついたのが、
マルマルが死体になってるこ所って、だいたいあたし自身が夏場涼みに寝っ転がってる場所だということ!ネコは快適な場所を探させたら天下一だと言うから、自分もあながち間違ったポジショニングはしてなかったと変な自信づけができました(笑)


最近屍になりすぎて、若干体重なマルマル。
一緒に死体になるのも楽しいけど、寂しいから、たまには遊んでね。





でれーん



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座